スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足汗 デトックス

足汗 デトックス

足から汗をかく、足汗を利用してデトックスする足温浴。
デトックスとは、解毒という意味で、体にたまった老廃物を出すことで、体調を整えようという健康法です。

フットバスの中に足をつけて、通電して30分。
足汗が促進されると、をみるみるうちに、体内から毒素がでて水の色が変わっていきます。
この不思議な現象は、一体何なのでしょうか?

原理はイオン交換。
水に塩を入れて、塩化ナトリウムの水溶液を作ります。
その後、通電させて人体と似通った電位状態にしたうえで、足を入れます。
水中にマイナスイオンを充満させ、体内の老廃物やミネラルなどのプラスイオンを交換して排出させるという原理だそうです。

足裏には足汗が出る汗腺がたくさんありますので、その汗腺を利用してイオン交換しているんですね。
また、蓄積させれた毒素は、個々人によって差があるそうです。
私もやってみましたが、怖いくらいにドロドロでした。
そして、その排出されたものの色によって、あくまで目安ではありますが、体のどの部位が不調だったのかをみることができるとのこと。


黄緑色・・・・・・・・・・・・腎臓・膀胱・泌尿器系
オレンジ色・・・・・・・・・関節・腰
茶褐色または黒色・・肝臓・胆嚢
深緑色・・・・・・・・・・・・胆嚢・循環器系
白色泡沫・・・・・・・・・・リンパ腺・婦人科系
白色斑・・・・・・・胃腸
黒色斑重・・・・・金属物質の蓄積
赤色斑・・・・・・・血管など
白色脂肪・・・・・血液・内臓

うーん、金属物質の蓄積が多いみたいです、私。
整骨院、治療院、マッサージサロンなどで営業されています。
他には、スーパー銭湯なんかでもやっているところがありますね。

足汗 治療

足汗 治療

足汗を大量にかいてしまう、足蹠多汗症
普通、多少、足の裏が湿る程度の足汗であれば、なんの問題もありません。
しかし、靴下がびしょびしょになる。
とか、靴下を絞ることができる、とか、スリッパが滑ってはけなくなるとか、そんな状況になるまで足汗をかいてしまうのであれば、間違いなく足汗の多汗症です。

大量の足汗は、靴内の湿度と温度を上げることになり、雑菌の繁殖をたすけることになります。
雑菌が繁殖しやすいということは、足の臭いも強烈になりやすいということですね。
さらに、蒸れ続けている状態ですので、皮膚環境も悪くなりやすく、水虫や足の病気が発生しやすい環境です。

足汗の多汗症、足蹠多汗症
いまのところ、はっきりとした原因はわかっていないとのこと。
ストレスや緊張などから、交感神経が刺激され、過敏となることがそのひとつではないかと言われています。
ホルモンバランスが崩れることで発症するケースもあるだとか。

足汗の多汗症の治療は慎重に行う必要があります。
ひとつには、手術。
交感神経をブロックしてしまう手術(腰椎交感神経ブロック)をする治療法がありますが、直接の原因がはっきりしていない場合、副作用として、足汗以外、すなわち、足裏以外の部分から汗がでることがあるそうです。
医療行為としての、足汗多汗症の治療は、十分に医師と相談しましょう。

タグ: 多汗症

足汗 臭い

足汗 臭い

足汗のほんとうに気になるところは、ズバリ、臭いですよね!
普段は靴に隠されているので実被害はありませんが、ひとたび靴を脱ぐと・・・もふわぁ~っと立ち上る臭気に、一瞬めまいがする経験をした方も多いのでは?
宴会でお座席に上がるときに躊躇しますよね。

足の臭いの原因は、足汗、角質、靴という要因が重なり合って発生します。
アポクリン腺、エクリン腺を問わずかいた足汗と、皮膚の古くなった角質や足汗とともに出る分泌物を、足についている雑菌が分解します。
その分解されたものが、あの強烈な臭いを発生している原因になります。
靴はその雑菌が繁殖する環境に拍車をかける原因。
密閉された空間になり、温かくじめじめした環境に誰しもなりますので、雑菌がどんどん繁殖してしまうことになります。

注意しなければいけないのが、足汗をそおまま放っておいて、靴自体に臭いが付いてしまうこと。
そして、それがエスカレートすると、足の角質層にまで臭いが染み付いてとれなくなってしまうことがあります。
靴だけなら、買い替えればよいのですが、足は買い替えるわけにも取り替えるわけにもいきません。なので、日ごろのお手入れを欠かさずに行いましょう。
全ての原因は足汗ですが、それを放置することにより、臭いの原因が複合化する結果になるということですね。

足汗 成分

足汗 成分

足の裏から出る足汗には、大きく分けて二つの種類があります。

①アポクリン腺から出る汗
②エクリン腺から出る汗

アポクリン腺とは、脇や性器周辺などに固まってある汗腺で、足裏にもアポクリン腺が多数存在さいます。足汗のひとつです。
ここから出る汗には、脂肪、鉄分などの分泌物が含まれています。
その分泌物のひとつに、オスミウム酸が含まれ強い臭いを発します。
そうそう、忘れてならないのが、ウロビリノーゲンという尿素も含まれています。
これは、皮膚をただれさせ、水虫の原因になると言われています。
足汗が水虫の原因とは・・・怖いの一言です。

エクリン腺から出る汗は、温度や湿度の上昇で発汗します。
ほとんどが水分で、体温調整のために出る汗です。
そのため、臭いもほとんどありません。
ただし、そのまま放置して細菌に分解されると臭いの原因になります。

と、足汗の種類をご理解いただけましたでしょうか?
アポクリン腺からの足汗はそのものだけでも、臭いの原因になります。
エクリン腺の足汗は、まだ猶予があるのですが、放置しているとやっぱり臭いの原因に!

タグ: 足汗 成分 アポクリン線 エクリン線

足汗 原因

足汗 原因

足の裏は、非常に汗腺が発達しており、一番汗をかきやすい場所のひとつです。
しかし、汗だけであればそんなに気に病むことはありません。
ところが、足汗を放置することで、足の臭いは強力な強力なものとなっていきます。
この章では、足汗がなぜ出るのか、しかもたくさん出るのかを考えていきましょう。

①足は汗腺の密集地帯
 足の裏には、背中や胸といった体の他の部分に比べて、5~10倍の汗腺があります。

 実に1平方cmあたりに300もの汗腺が密集しており、1日に200mlもの汗を出すと言われています。
 
②神経作用
 足汗が出る原因のひとつに神経作用があります。
 緊張・興奮・疲労などの状態です。
 このときの汗が、滑り止めや摩擦軽減などの役割を果たします。
 いわば、歩くために必要な湿りを、人体が与えているわけですね。脂足ってこのことです。
 本能ってすごいんです。

③交感神経の過剰反応
 これは足汗だけに限った事ではありませんが、交感神経が過剰反応することによって、体中の汗がたくさん出ます。
 足汗も例外ではありません。

のように、主な足汗をかく原因をあげてみました。
しかし、足汗だけでは別に身体機能ですので、なんの問題もありません。
それを放置するから、臭いがきつくなるのです。
その対策は別の章で確認していきましょう。

タグ: 足汗 原因 臭い 足臭 汗腺

プロフィール

Author:足汗マスター
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。